家庭における防災対策の重要性と注意点について

防災対策は安全を確保するために不可欠な事柄ですが、環境や施設の構造によって適切なスタイルが異なる点を把握する必要があります。
特に家庭においては居住している家族の安全を第一に考えることが大切なので、住宅の構造や家具の配置などを踏まえたうえで効果的な対策を講じるように心がけます。
住宅における防災対策では家族の怪我を防ぐことが重要なポイントになります。
地震や台風などの自然災害に見舞われた際には、住宅内での家具や家電製品の破損に伴う怪我の割合が多数を占めます。
そのため、家具類などを金具で固定することが怪我を防ぐための心得になります。
また、電気やガスなどのインフラ設備の破損は火災の原因になることから、非常時に即座に機能を停止できる安全装置が設置されている必要があります。
築年数が古い住宅では安全装置が設置されていないことがあるので注意します。
また、配線や配管の劣化も災害に繋がる要因なので、場合によってはリフォーム工事を行って設備を交換する必要があります。
住宅は家族が寛いで生活する場なので、安全性を確保するためには防災についての認識を改めて設備の交換や固定用の金具の取り付けなどを実施することが大切です。

もしもに備えて防災グッズを準備

備えあれば憂いなしとよく言われていますが、その為にも防災グッズを準備しておく事が大切です。
自然災害などに見舞われた際には何があるか分かりませんので、様々な物を用意しておくのも良いのですが、中でも特に準備しておきたいというグッズもあります。
まずはやはり水と食料です。
断水になるなどして水がなくなったり、食事の用意ができない可能性がありますが、それによって体力が回復できないのは心配なものです。
その為、保存がきく水や食料は確保しておいた方が安心です。
ライトも必須と言えます。
日中ならまだしも、夜間に電気がストップする可能性がありますし、暗闇はやはり不安なものです。
また、地震などによってガラスが散乱していたりしますと歩くのも一苦労ですので、安全の確保の為にもライトは必要と言えます。
因みに手回しなどで充電できるライトもありますし、ラジオを聞けたり携帯の充電が可能な物もありますので、機能性のある物を選ぶのも良いでしょう。
ケガをしてしまった時の応急手当グッズも用意した方が良いと言えます。
ケガをしてしまうと精神的にもダメージがあるものですので、すぐに手当ができるように準備をしておいた方がもしもの際にも安心です。
また、体調を崩す可能性もありますので、お薬も必須と言えます。


注目サイト

大切なご家族を車でお預かりに伺う出張相談も承ります。

ペット火葬を戸田市でするなら

暮らしや趣味にあわせてこだわりの住宅をご提案します。

デザイン住宅 群馬

2018/6/8 更新

『防災』 最新ツイート

@gumidazo

クソ仕事クラスタに警備員が新規加入。初訪のタワマンでエレベータカード貰う為の防災センターの場所説明が上目線で丸で説教。初見の人にお前が喋りたいだけで、建物の裏側に回るだけの説明を延々長々何を言ってるのかと思った。自分もやった事あるし、基本ヒマだから人、初見等の弱い者の粗探しになる

49秒前 - 2018年10月17日


@yuaicare

これからもあちこちで自然災害は起こる。被災地で被害者が少しでも少なくなるように地域住民に対して防災教育は大切。防災ナースを増やしたい。 https://t.co/UXoxmCZjvf

5分前 - 2018年10月17日


@kujiraomikron

中澤博志さん(防災科学技術研究所)の #クラウドファンディング「#ネパール における石積の伝統的な家の地震被害を防ぎたい!!」の支援期間は2018年10月31日(水)23時まで!! #防災 #減災 #地震 https://t.co/WfzdDthWqj

5分前 - 2018年10月17日